SKIP BEAT〜人生は軽やかに〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌倉見物…の下見見物 〜まるで仁和寺の法師〜

<<   作成日時 : 2011/10/15 10:43   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

9/17
「HALよ、鎌倉に行ってみるか?」
「行く!」

本日は晴天なり。
すずめの思いつきにHALは発言に間髪をいれずに飛びつく。
何故か?

来週は校外学習で鎌倉見物だから。
そして行動は班単位だから。


別にぶっつけ本番でエエやんけと思うが、HALは不安らしい。
「道に迷っている余裕はないの!」
何故か?

HALは班長だから。

一年に班換えは数回あるらしいが、中途半端に真面目なHALは
いい餌食となり、めでたく班長に推薦された。

班のメンバーは班長会議によって決定する。
その際の鉄則がひとつ。

問題児を一人担当すること。

HALの担当はクラス一厄介視されているウーリーモンキー君。
「何でHALが?」と質問を飛ばした先の担任のアナグマ先生曰く、
「問題児を抑えられる人材が不足しているんです。」

「冗談じゃねー!」とキレても仕方がない。
当日はウーリーモンキーに加え、他の何にも考えていない
アッパラパー生徒を数人束ねなければならない。



何はともあれ、鎌倉見物の下見見物。
当日の見学予定表を持って湘南新宿ラインに乗り込む。

「いいか、仏教では人が死んだら仏様が成績表を持って迎えに
 来るんだ。  大仏様やお釈迦様の手の形が成績表だから、
 しっかり見て来いよ。」
「おぉ〜!」

あそこがJR、あそこが出口、あっちが江ノ電、あっちが小町通…

画像銭洗い弁天

画像江ノ電

画像「さ、入場券買おか。」
「今日は入らない。」
「なぬ?」
「楽しみに取っておくの。」
「そうか…、当日は入場券を
   ちゃんととっておけよ。」
「ほーい」
すずめ、お寺見物ならず。
          長谷寺
画像「すげー階段!」
「あの階段の向こうに八幡様がある。
 上っておくか?」
「楽しみに取っておくー!」

すずめ、本宮も見られず。
うぅぅ
これでは仁和寺の法師ではないか…。
     鶴岡八幡宮


仁和寺に、ある法師、年寄るまで、石清水を拝まざりければ、
心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩(かち)よりまうでけり。
極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
さて、かたへの人にあひて、『年ごろ思ひつること、果し侍りぬ。
聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。
そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、
神へ参るこそ本意(ほい)なれと思ひて、山までは見ず』とぞ言ひける。
すこしのことにも、先達(せんだち)はあらまほしき事なり (徒然草53段)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎌倉見物…の下見見物 〜まるで仁和寺の法師〜 SKIP BEAT〜人生は軽やかに〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる